仕事

24歳で4社で働いた僕が思う20代の理想の働き方【過去の後悔談あり】

 

20代の貴重な時間をどんな働き方に費やせば良いか悩んでる・・・

これからの時代を生き残るためにどう働けばいいだろう・・・

そもそも自分に合った働き方が分からない・・

 

こんな悩みを解決します。

 

こんにちは、しんのすけです。

 

いきなりですが、働き方で悩んでませんか?

 

特に20代は将来を考えた働き方をしなければいけません。

 

最近はコロナの影響もあり、今までの「常識的」な働き方が崩壊しました。

 

コロナによって変わった常識

  • テレワークの普及
  • 終身雇用崩壊
  • 年金問題

 

全て将来が不安になる要素です。

 

この記事では「24歳で4社で働いた僕」が思う「20代だからこそすべき働き方」と過去の後悔をまとめます。

 

働き方で失敗したくない、将来を考えた正しい働き方をしたいと思ってる方に見て頂きたいです。

 

本記事の内容

  • 20代がすべき働き方
  • 若い20代だからこそ働き方を考える理由
  • 20代の僕が後悔した働き方

 

20代がすべき働き方

 

働き方で悩む人は、生き方で悩んでる人が多いです。

 

僕も働き方で悩んでましたが、何をしてお金を得るか、どんな仕事をすれば自分の人生が充実するか考えてました。

 

今は情報過多の時代で自分に合った働き方が分からない人が多いです。

 

働き方に悩んでる20代だからこそすべき働き方を解説します。

 

素直に人の意見を聞きつつ直感を信じる

 

どんな仕事すればいいか?

 

どんな働き方をすれば良いか悩む前に、今の職場で素直になりましょう。

 

人の意見を素直に聞くメリット

  • 価値観が広がる
  • やれる仕事が増える
  • 可愛がられ人脈が広がる

 

その上で直感を信じましょう。

 

例えば、上司に「仕事は命を賭けるものだ!!」と言われても共感できなかったら、「自分は仕事に命を賭けるべきだと思ってないんだ」と認識しましょう。

 

他人の意見や価値観を聞き入れた上で、自分の直感を大切に行動すると理想の働き方を見つけれます。

 

職場以外の人と出会い価値観を広げる

 

働き方を考えるからこそ職場以外の人と会いましょう。

 

職場の人としか会わない環境だと、価値観や考えが硬くなり「今の働き方」しか知らない状態になります。

 

職場以外の人と会うメリット

  • 様々な職業の人の話が聞ける
  • オンオフのメリハリが付く
  • 人脈が広がる

 

会社内の人脈も大切ですが、会社外の人脈も大切です。

 

なぜなら、生きていく上での悩みを相談できるからです。

 

僕は趣味のロードバイク仲間に相談してました。価値観や業種も違う人だからこそ違う答えを教えてくれます。

 

人脈は宝です。

 

自分で稼ぐ力を付けれる業種に転職する

 

先が長い20代だからこそ個人で稼ぐ力が大切です。

 

しかし、いきなり個人で稼いでフリーランスになるのはハードルが高いです。

 

なので、同じ様なスキルが身に付く業種に転職しましょう。

 

独立できる業種

  • IT系
  • ライター
  • マーケター

 

特に20代にはIT業界への転職がおすすめです。

 

なぜならIT業界が将来的に生き残る業種だからです。

 

コロナもあり、オンラインで出来る仕事の需要が高まりました。さらに技術の進化によってITエンジニアが不足してます。

 

詳しくは「【20代中盤の人はIT業界に転職すべき】オススメ職種と転職エージェント」を参考にしてください。

 

ちなみに僕は「IT未経験のエレベーター保守員からWEBエンジニア」に転職しました。

 

個人で稼ぐ力を身に付けると「働き方」を自分で決めれますし、企業に依存しない生き方ができます。

 

若い20代だからこそ転職して働き方を模索しましょう。

 

ひたすら挑戦して失敗する

 

転職活動にしても、職場の仕事にしても挑戦して失敗しまくりましょう。

 

なぜなら人は失敗によって成長するからです。

 

僕も過去に失敗ばかりしてきました。例えばエレベーターの保守員時代は部品の手配を間違えてお客さんに謝罪して徹夜で作業したり・・・

 

しかし、その失敗があったから「部品を手配する時は図面だけじゃなく現地で確認」する事にしました。

 

失敗するには行動が必要です。

 

挑戦しまくりましょう。

 

無我夢中になれる仕事を見つける

 

無我夢中になれる仕事を見つけましょう。

 

無我夢中になれる仕事を見つけると、自然と実力が付き社会から重宝されます。

 

と、言いつつ何が無我夢中になれるのか分からないに人が多いです。

 

無我夢中を見つける手順を解説します。

 

具体的な手順

  • 何が楽で何が苦か整理する
  • ネットで調べつつ人と話して価値観を広げる
  • ある程度の苦を受け入れる価値のある職業へ転職する
  • その環境で頑張る

 

僕を例に当てはめます。

 

  • 何が楽で何が苦か整理する→人と話すのが好きじゃなくて黙々作業するのが楽
  • ネットで調べつつ人と話して価値観を広げる→ネットで調べて自転車仲間と話して意見を貰う
  • ある程度の苦を受け入れる価値のある職業へ転職する→伸び代のあるIT業界の中で人との会話が少ないWEBエンジニアへ転職
  • その環境で頑張る→その職場で頑張って新しい事に挑戦してる

 

こんな感じです。

 

無我夢中になれなかったらまた転職しても良いと思います。

 

なぜなら実績があれば企業は欲しがりますし、あなたのスキルアップにもなるからです。

 

若い20代だからこそ働き方を考える理由

 

「働き方」ついて悩んでる人は「働く事」に苦痛を感じてる人が多いです。

 

僕は今も働き方について悩んでますが、前ほど悩まなくなりました。なぜなら、仕事は楽しいものだと気付いたからです。

 

好きな仕事をして成長するのが楽しい

 

仕事自体が楽しいというより、仕事を通じ得られる達成感や成長が楽しいです。

 

働き方に悩んでる人は「価値観が狭い」人が多いです。

 

価値観を広げれば働き方に悩まなくなる理由

  • 自分の求める働き方がわかる
  • その働き方を目指して行動する
  • 働き方が変わる

 

行動しまくった結果、「僕は人と関わるのが苦手」だと気付きました。

 

それに加え、文章を書くのが好きな事、黙々と作業するのが好きだと気付きました。今はブログだけで生計を立てる為に頑張ってます。

 

先が不安で働き方を考えてしまう

 

好きな仕事をしてたとしても先が不安で働き方を考え続ける人もいますよね。

 

僕もそうなので気持ちがわかります。

 

記事の序盤でも書きましたが、コロナによって「世界の働き方」が変わりました。

 

未来のある若者が悩むのも必然です。

 

結論:正しい働き方は無い

 

正しい働き方は無いです。

 

なぜなら、人によって答えは違うし世界は変わり続けるからです。

 

国内の働き方の変化

  • テレワークの促進
  • 個人事業主の増加
  • フレックス制度導入企業の増加

 

僕はこれでも変化が少ないと思ってます。

 

労働先進国のドイツの働き方を紹介します。

 

ドイツの働き方

  • 有給10日が基本
  • 有給取得率100%が普通
  • 1日10時間以上の勤務を法律で禁止
  • 6ヶ月間の平均で1日8時間超労働も禁止
  • ブラック企業の経営者には罰金
  • 酷い場合経営者を禁固刑

 

世界を見れば様々な働き方があります。

 

なので一概に正しい働き方はありません。

 

その国や個人の価値観の中で「快適な働き方」や「企業の色が出る働き方」があるだけです。

 

20代の僕が後悔した働き方

 

正確には「24歳までに後悔した働き方」です。

 

  • 次に繋がらない仕事を選んだ
  • 夜勤をした
  • もっと早く副業をすればよかった

 

次に繋がらない仕事を選んだ

 

1番最初の仕事は「エレベーターの保守員」でした。

 

その時は高卒でなんとなく就職できればいいや、程度しか考えてませんでした。

 

なのでどうしようもないっちゃないです。

 

その仕事をしたからこそ今の僕がありますが、社会人になる前に気がつけば良かったと思います。

 

意味のない仕事は無い、と思いながらも次に繋がる仕事だけ選んだほうが理想の働き方を見つけれます。

 

夜勤した

 

20代の若いエネルギーがあるからこそ、夜勤はやめましょう。

 

なぜなら、夜勤で自己投資の時間がなくなるからです。

 

夜勤のデメリット

  • 心身共に不健康になる
  • 自己投資の時間が減る
  • 次の日が潰れる

 

デメリットしかありません。

 

もっと早く副業をすればよかった

 

僕がブログを始めたのは2020年12月です。

 

高校を卒業して5年目です。

 

もっと早くすればよかったと後悔です。

 

なぜブログを始めたのか?

  • 個人で好きな事をして稼ぎたかった
  • ネットだけで稼ぎたかった
  • 自分のペースで進めたかった

 

この3つを合わせた結果「ブログ」という形になりました。

 

どんな副業にしろ、結果が出るまで時間がかかります。

 

もし社会人になった年に副業を始めてたら今じゃ「ブログ歴5年」の猛者になってます。

 

何をするにも「早い」に越した事はありません。

 

20代だからこそすべき働き方

この記事をまとめると

 

20代がすべき働き方

  1. 素直に人の意見を聞きつつ直感を信じる
  2. 職場以外の人と出会い価値観を広げる
  3. 自分で稼ぐ力を付けれる業種に転職する
  4. ひたすら挑戦して失敗する
  5. 無我夢中になれる仕事を見つける

 

若い20代だからこそ働き方を考える理由

  • 好きな仕事をして成長するのが楽しい
  • 先が不安で働き方を考えてしまう
  • 結論:正しい働き方は無い

 

20代の僕が後悔した働き方

  • 次に繋がらない仕事を選んだ
  • 夜勤をした
  • もっと早く副業をすればよかった

 

僕と同じ失敗をする人が減ると嬉しいです。

 

-仕事

© 2021 しんのすけの転職ブログ