仕事

これだけでミスが減るの!?【仕事を始めて2ヶ月目の人がミスしなくなる方法】

困ってる人
入社して2ヶ月目なのにミスばかりする。もうどうすれば良いかわからない。

 

こんな疑問に答えます。

 

こんにちは、しんのすけです。

 

5月も終盤に差し掛かりましたね。

 

新卒の人も転職した人も、4月から仕事を開始した人は2ヶ月目になりますね。

 

しかし、2ヶ月目でも仕事のミスが多くて悩んでる人も多いはず。

 

僕も入社して2ヶ月目で同じ悩みを抱えました。仕事を振られ始める時期だからこそ悩むんですよね。
しんのすけ

 

僕が良くしてたミス

  • 書類の書き間違え
  • 仕事の締め切り
  • そもそもすることが違う

 

仕事を振ってもらえる嬉しさと同時にミスする恐怖が芽生え始めました。

 

この記事の結論は、「ミスなんて気にすることない」です。

 

とは言え、ミスを気にしないなんて不可能という意見もわかります。

 

僕自身気にしいなので先輩から「ミスなんて気にするな」と言われても気にしてました。罪悪感もありますしね。
しんのすけ

 

なので、感情面と客観的視点から「なぜミスを気にする必要がないのか」を解説します。

 

仕事が合わずにミスしまくるから転職を考えてるという方は以下の記事を参考にして下さい。

>>参考記事:おすすめの転職エージェント6選【3回転職したサラリーマンが解説】

 

本記事の内容

仕事2ヶ月目でもミスして良い理由

仕事でミスを減らす方法

そもそもなぜ仕事でミスをするのか

 

仕事2ヶ月目でもミスして良い理由

 

結論、ミスするのが当たり前だからです。

 

2ヶ月目だろうと10年目だろうとミスはするもの。

 

それにミスをする過程が正しければ「メリットのあるミス」になります。

 

なぜミスがメリットに繋がるのか解説します。

 

①:経験値が貯まる

 

何事とも経験。

 

職場の先輩によく言われませんか?

 

経験とは最上の教師である。しかし授業料は高くつく。

by トーマス・カーライル

 

19世紀にイギリスに存在した歴史家の言葉です。

 

確かに個人的に「成長した」と実感した時って、仕事でミスして対処して反省会してる時でした。経験こそ教師ですね。
しんのすけ

 

ミスした後の成長

  • 同じミスが少なくなる
  • 論理的思考が可能になる
  • 注意深くなる

 

少し前まで、「ミスは恥」と思ってましたが今は違います。

 

ミスしたからこそ成長できたと実感します。

 

②:他人に有益な情報を与えられる

 

もし今あなたが若手でも仕事を続けてると後輩ができます。

 

その後輩に自分がしたミスを教えることによって、事前に後輩のミスを防げます。

 

後輩のミスを防ぐメリット

  • 先輩としての自分の評価が上がる
  • 自分の時間を奪われない
  • 心のゆとりが持てる

 

個人的には「ミスして困ってる人を見なくて済む」ってのもあります。

 

ミスしてる人を見ると自分も苦しくなっちゃうんですよね。これはHSPだからこそかもしれません。
しんのすけ

 

HSPについて知りたい方は下記の動画を参考にしてください。

 

 

 

③:人間関係が良くなる

 

これは意外かもしれません。

 

実はミスすると人間関係が良くなります。

 

ミスして人間関係が良くなる流れ

  1. ミスする
  2. フォローに必死になる
  3. 周りが助けてくれる
  4. 本気で感謝する
  5. 周りが頑張りを認めてくれる

 

誰だってミスしようとしてしてるわけじゃないので、困ってる人を見かけたら助けたくなるのが自然です。

 

しかし、人間関係が悪くなるパターンもあります。

 

それは以下の2つが原因。

 

ミスしても必死に解決しようとしない

他人に丸投げ

 

あなたはこんな人を見た時に助けたくなりませんよね?

 

僕も人間なので「頑張ってる人」の力になりたいと思います。反面、最低限の努力をしてない人には力を貸したくないです。

 

もしあなたが努力していて、ミスしたら誰も助けてくれない場合、その職場に居続けるのは危険です。

>>参考記事:仕事始めて2ヶ月経ったけどもう辞めたい【結論:辞めても問題ありません】

 

ミスしても人間関係が良くなるなら安い投資です。

 

仕事でミスを減らす方法

 

困ってる人
そもそも仕事でミスを減らせるようになりたい。けどミスしてしまう。

 

そんなあなたのために「ミスを減らす方法」を解説します。

 

これを見てる人は社会人歴が浅い人が多いはず。3回転職した社会人6年目の僕の経験談です。

 

ぜひ参考にしてください。

 

①:ミスはするものと理解する

 

精神科医の樺沢紫苑さんの話によると、人のがミスするのは脳のせいだそうです。

>>参考記事:仕事でミスが多いのはなぜ?

 

つまり自分の意思と関係なくミスしてしまうということ

 

更にミスの原因を辿ると、脳は以下の4パターンに分けられるそうです。

 

集中力低下タイプ

ワーキングメモリ低下タイプ

脳疲労タイプ

脳の老化タイプ

 

上記でも書きましたが、ミスをしたい人なんていません。

 

ミスが経験に繋がって嬉しいと書きましたが、ミスが大好物なわけではありません(笑)
しんのすけ

 

結果論です。

 

ミスの原因を無くすのも大切ですが、「ミスはするのも」と心に刻んで置くだけで心に余裕が生まれます。

 

心に余裕ができるとミスが減ります。

 

②:午前中に複雑な作業を済ませる

 

人の脳は朝から夜にかけて集中力がなくなります。

 

つまり、朝に複雑な作業をして昼以降は単純作業をするのが最もミスが減る働き方なのです。

 

朝の集中力を高める習慣

  • 朝起きたら陽の光を浴びる
  • 20分の散歩or体操
  • シャワーを浴びて体温を上げる

 

誰でも簡単にできます。

 

僕はミスして怒られるのが大嫌いなので全部実行してました。怒られまくって仕事始めてすぐに辞めたくなりました(笑)
しんのすけ

 

新卒で仕事を辞めたくなった経緯については下記の記事に書いてます。

>>参考記事:新卒だからってまだ退職してないんですか?【新卒で今すぐ仕事を辞めても良い理由】

 

③:準備に時間をかける

 

準備が全てだと僕は思っているんで 準備の段階で試合は始まっている。

by本田圭佑

 

プロサッカー選手として活躍しながら実業家としても活動してる本田圭佑選手の言葉です。

 

僕も同感です。

 

以前勤めてた会社で大きな工事を担当したんですが、まじで準備に時間をかけました。周りが引くくらいでしたね。
しんのすけ

 

結果、初めての大きな工事でもミスなく乗り切れました。

 

僕がした準備

  1. まずは自分で工程を組む
  2. 必要な機材調達
  3. 先輩に確認してもらう
  4. 工程の見直し
  5. 足りない機材の調達

 

これを3回くらいループしました。

 

残業が大嫌いで準備に手を抜こうとも思いましたが、ミスして時間奪われるマシだと思います。

 

なぜ仕事でミスをするのか

 

ミスには原因があります。

 

注意力不足

経験不足

知識不足

確認不足

 

だいたいこの4つに分けられますね。

 

困ってる人
いや、分かってるよ。でもミスしてしまう時はミスしてしまうんだよ。

 

先程、「ミスは意思でどうにかなるものではなく脳が原因」と解説しました。

 

つまりミスしてる時は脳が疲れてる時です。

 

解説します。

 

①:脳が疲労するとミスしやすくなる

 

ケンブリッジ大学のバーバラ・サハキアン教授によると、脳は日常で35,000回の判断をしてると言われてます。

>>参考記事:STUDY HACKER

 

そして「判断」は脳に負荷を与えます。脳が疲労する原因ですね。

 

iPhoneの生みの親であるスティーブ・ジョブズは仕事のパフォーマンスを上げるために「判断の節約」を行ってたそうです。

 

具体的な方法

  • 毎日着る服は同じ
  • ミニマリストになる

 

決断疲れを防ぐために「決断する機会」を減らしてます。

 

ちなみに僕も真似してミニマリストになりました。物がない生活は「迷う機会」がないので最高です。
しんのすけ

 

②:ミスを防ぐ気がない

 

自分としてはミスを防ぐ気はあるけど、周りから見たらミスを防ぐ気がないように見える人っていますよね?

 

そんな人の特徴は以下の通り。

 

メモをしない

話を聞かない

質問しない

反復しない

準備しない

 

実は以前の僕なんです。

 

ミスするのが怖いと思いながら「ミスを防ぐ方法」がわからなかったんですよね。

 

周りからの評価を下げないためにも上記のことに注意しましょう。

 

仕事でミスしても大丈夫

 

この記事で伝えたいことは「ミスしても大丈夫」ということです。

 

仕事をする上でミスをしないなんて不可能。むしろ優秀な人ほどミスをして学んでます。

 

積極的にミスをしろと言ってるわけではありませんが、積極的に挑戦はすべきです。

 

ミスを経験値にしましょう。

 

-仕事

© 2021 しんのすけの転職ブログ