転職 転職エージェント

転職エージェントの断り方を徹底解説【状況別メールのテンプレも用意しました】

 

悩んでる人
転職エージェントのサービスを断りたい

どんな断り方をすれば良いかわからない

 

こんな悩みを解決します。

 

こんにちは、しんのすけです。

 

この記事では「転職エージェントの様々なサービスの断り方」を解説します。

 

実は僕も断り方で悩んでたんですよね。

 

以前、複数の転職エージェントを利用していて、転職が決まった際に他のエージェントに「利用を辞めます」って断らなければいけませんでした。
しんのすけ

 

優しくて気が利くあなたは「どう断ろうか?」と悩んでると思います。

 

今回は状況別の「断り方」を解説します。

 

ちなみに、転職エージェントを利用していて、まだ複数のエージェントに登録していない方は複数のエージェントに登録しましょう。

 

なぜなら、転職の成功率が上がるからです。

>>転職エージェントを複数登録するメリットとデメリット【3回転職した会社員が解説】

 

転職エージェントを服利用してるけど、複数利用してる事を伝えてない方は下記の記事を参考にして下さい。

>>転職エージェントを複数利用してる事を伝えるメリットとデメリットを解説

 

それでは本記事に入ります。

 

本記事の内容

転職エージェントのサービスを上手に断る方法

断りやすく利用しやすい転職エージェント3選

 

転職エージェントのサービスを上手に断る方法

 

転職エージェントのサービスと言っても色々ありますね。

 

転職エージェントのサービス

  • 希望の職種の求人の紹介
  • 書類の添削
  • 面接対策
  • 企業との面接日時の調整

 

エージェント毎に多少は違いがありますが、大体こんな感じです。

 

あなたの転職活動の進捗具合に応じた、サービスの断り方を解説します。

 

  1. エージェント登録後の初期面談の断り方
  2. 初期面談後のサービスの断り方
  3. 提案された求人の断り方
  4. 応募した求人の取り下げ
  5. 書類通過後の企業鵜面談の断り方
  6. 面談後の内定の断り方
  7. 求人紹介サービスの断り方
  8. 担当者を変えてほしい時

 

全部を見る必要はないので、あなたに合った項目だけ見てください。

 

①:エージェント登録後の初期面談の断り方

 

悩んでる人
エージェントに登録して初期面談日が決まったけど、断りたい。

 

このときに伝えることは2点。

 

  1. まずはお詫び
  2. なぜ転職サービスの利用を断るか

 

電話で伝えれる人は電話で伝えても良いですね。

 

困ってる人
いやいや、直接話すのは気がひける。

 

そんな人はメールで伝えましょう。

 

例文

○○様。

先日転職エージェントを登録させて頂いた、〇〇です。

誠に勝手ながら、転職エージェントサービス利用の停止をさせて頂きたく思います。

理由は〜

面談の日程を調整して頂いた手前、大変恐縮なのですが何卒ご理解くださいませ。

また別の機会がございましたら、何卒よろしくお願い致します。

署名

 

意識するのは2つ。

 

丁寧な言葉遣い

はっきりサービスの利用を辞めますと伝える

 

理由はなんだって良いです。

 

大切なのは「転職エージェントの都合」ではなく、「あなたの都合」です。

 

②:初期面談後のサービスの断り方

 

困ってる人
最初の面談はしたけど、その後のサービス利用を辞めたい。

 

そんな方は以下の内容を伝えましょう。

 

  1. お詫び
  2. 面談の時間を作ってくれたことに対する感謝
  3. サービス提供を断る理由

 

例文

○○様。

先日転職エージェントを登録させて頂いた、〇〇です。

この度はお忙しい中、貴重な時間を割いて頂き誠にありがとうございました。

面談をして頂いた後で誠に恐縮なのですが、転職サポートをキャンセルさせて頂きたく、ご連絡差し上げました。

実は、現在複数の転職エージェントを利用させてもらっていて、別のエージェント様にお世話になることにしました。

また別の機会がございましたら、何卒よろしくお願い致します。

署名

 

コツは、「相手に遜りすぎないこと」です。

 

申し訳ない気持ちもわかりますが、相手も仕事としてやってます。感謝しつつ、あなたの主張をはっきり伝えましょう。

 

③:提案された求人の断り方

 

困ってる人
提案されてる求人に全く惹かれない。

希望の職種と違う。

 

そんな人は以下の事をエージェントに伝えましょう。

 

  1. 求人紹介への感謝
  2. 紹介された求人を断る
  3. 断る理由

 

例文

○○様。

この度は、豊富な求人情報を頂きまして、誠にありがとうございます

お送り頂いた求人についてですが、応募は控えさせて頂きます。

理由は2つあります。

1つ目は希望の職種ではない事です。

今回の転職で、絶対にプログラマーになりたいと思って転職活動をしてるので、他の業種への転職は現状考えていません。

2つ目は待遇面です。

契約社員で最低月収が20万円以下では、生活が厳しいので20万円以下の求人の応募は控えさせて頂きます。

ご迷惑をおかけしますが、引き続きご協力頂けますよう、何卒よろしくお願い致します。

署名

 

人によって違いますが、「絶対に譲れない基準」があると思います。

 

その基準を満たしてない会社に転職しても、すぐ転職したくなります。早期退職をしないためにも、求人紹介の段階で妥協はやめましょう。

 

実はここ、超重要です。

 

エージェント側はあなたを転職させたいので、「希望と違っても転職しやすい求人」を紹介し続ける人もいます。

 

特に製造業や営業が多いですね。

 

 

 

転職エージェントに流されないように注意です。

 

僕がおすすめする転職エージェントは下記の記事で解説してます。

>>本当におすすめの転職エージェント3選【3回転職したサラリーマンが解説】

 

④:応募した求人の取り下げ

 

悩んでる人
求人に応募したけど、やっぱり取り下げたい。

 

こんな時もありますよね。後で見返したら心変わりして「やっぱりこの企業では働きたくない」みたいな。

 

そんな時は以下の項目を伝えましょう。

 

  1. 選考途中で辞退することへの謝罪
  2. 辞退する理由

 

例文

○○様。

いつもお世話になってます。〇〇です。

お送り頂いた求人についてですが、応募は控えさせて頂きます。

大変申し訳ないのですが、先日応募させて頂いた〇〇社の応募を取り下げて頂きたく、ご連絡差し上げました。

求人を見返して仕事内容や給料面、待遇面を考え直した結果、このような結論に至りました。

今後の転職活動では〇〇や〇〇を軸に、応募させて頂きたいと思います。

ご迷惑をおかけしますが、引き続きご協力頂けますよう、何卒よろしくお願い致します。

署名

 

これもあるあるですね。

 

理想の生活や仕事って、転職活動を続けると変わります。豊富な求人に触れるので、将来の生活やなりたい自分に悩むんですよね。
しんのすけ

 

理想の生活や仕事を見つけたい人は、下記の動画や記事を参考にしてください。

>>生き方がわからない20代がすべきこと【結論:行動すればいいだけ】

 

 

 

⑤:書類通過後の企業面談の断り方

 

困ってる人
書類通過したけど、その企業では働きたくないから面接を断りたい。

 

そんな時は以下の項目を伝えましょう。

 

  1. 面接自体に対する謝罪
  2. 面接を辞退する理由

 

例文

○○様。

いつもお世話になってます。〇〇です。

面接日程を調整いただいてる〇〇社についてですが、面接を辞退させて頂きたく、ご連絡差し上げました。

求人を見返して仕事内容や給料面、待遇面を考え直した結果、このような結論に至りました。

今後の転職活動では〇〇や〇〇を軸に、応募させて頂きたいと思います。

ご迷惑をおかけしますが、引き続きご協力頂けますよう、何卒よろしくお願い致します。

署名

 

書類選考を断るのとほぼ一緒ですね。

 

あえて注意点を挙げるなら、「なるべく早く伝える」ことですね。

 

書類選考と違って、企業側も時間を作ってくれます。相手の都合とあなたの都合を考えて、早く伝えるに越したことはありません。

 

電話でも謝罪すべきだと書いてる記事もありますが、話したくない人はメールでOKです。僕もメールだけでしたし。
しんのすけ

 

きまずいと感じたら他のエージェントを利用すれば良いだけ。

 

⑥:面談後の内定の断り方

 

困ってる人
内定を頂いたけど辞退したい。

 

実はこれ、転職あるあるです。

 

複数の企業から内定を頂いた場合、絶対に断らないといけません。企業側もエージェント側も「またか」程度なので構える必要はありません。

 

例文

○○様。

いつもお世話になってます。〇〇です。

先日内定を頂いた〇〇社についてですが、内定を辞退させて頂きたく、ご連絡差し上げました。

求人を見返して仕事内容や給料面、待遇面を考え直した結果、このような結論に至りました。

今後の転職活動では〇〇や〇〇を軸に、応募させて頂きたいと思います。

ご迷惑をおかけしますが、引き続きご協力頂けますよう、何卒よろしくお願い致します。

署名

 

内定を断るパターンは2つあります。

 

  1. 他の内定を優先する場合
  2. 希望条件が満たされてなかった場合

 

他の内定を承諾するために、辞退するのは簡単ですが、問題は後者ですよね。

 

ここで大切なのは3つ。

 

なるべく早く伝える

企業ではなく転職エージェントに伝える

1日おいてから連絡して悩んでる感を出す

 

上記の3つに注意しつつ、遠慮なく断りましょう。

 

⑦:求人紹介サービスの断り方

 

困ってる人
もう求人を紹介して欲しくない。

 

転職先が決まったり、あなたの都合上仕方なく転職活動を停止させないといけない時もあるでしょう。

 

そんなときに伝えるのは下記の2点。

 

  1. 転職サポートへの感謝
  2. 求人紹介を断りたい理由

 

例文

○○様。

いつもお世話になってます。〇〇です。

大変恐縮ですが、諸事情により一度転職活動を休止することになり、併せて求人の応募を見送ることになりました。

転職活動を再開する見込みは経ってませんが、また再開する時にはご協力頂けましたら幸いです。

何卒よろしくお願い致します。

署名

 

これは個人の問題なのでエージェント側も深くは聞かないと思います。

 

しかし、伝えないままだといつまでも求人が送られてきますし、エージェント側にも無駄な仕事をさせてしまいます。

 

転職活動を辞める、もしくはそのエージェントを利用しないと決めた時点で獣人紹介をやめて貰いましょう。

 

⑧:担当者を変えてほしい時

 

困ってる人
今の担当者が合わない。

連絡が遅すぎて転職活動が進まない。

 

こんな状況だと担当者を変えて欲しくなりますよね。

 

これは担当者にメールを送れる人は担当者で良いと思いますが、気が引ける人には転職エージェントのお問い合わせページや、電話で担当変更を求めましょう。

 

個人的には、その担当者のいるエージェントから離れて別の転職エージェントを利用するのがベストだと思います。
しんのすけ

 

メールを作る時間もなくなりますし、そっと離れられればそれが1番です。

 

断りやすく利用しやすい転職エージェント3選

 

個人的に利用しやすい転職エージェントを3つ紹介します。

 

このエージェントに共通するのは「大手で実績がある」という点です。

 

大手だと経験が豊富なんですよね、転職希望者が嫌がることや、サービスの停止や担当者の変更にも慣れてるので、気軽に意見を言えます。

 

おすすめの転職エージェント3選

doda

リクルートエージェント

パソナキャリア

 

①:doda

 

業界大手の転職エージェントですね。

 

dodaの特徴

転職サイトとエージェントを同時に利用できる

求人数10万件以上

企業からのスカウトメールが多い

 

dodaの1番の特徴は「転職までのスピード」です。

 

dodaの公式サイトではだいたい2ヶ月以内には転職が決まるそうです。退職届を出してからでも間に合うのが嬉しいポイント。

>>参考記事

 

僕自身が利用した実感としては、とにかく企業からのスカウトメールが多いって感じです。
しんのすけ

 

最短で転職をしたい方におすすめの転職エージェントです。

>>無料登録&無料相談はこちら

 

②:リクルートエージェント

 

 

業界最大の転職エージェントです。

 

スマホで例えるとiPhone。焼肉で例えるとカルビです。

 

リクルートエージェントの特徴

非公開求人が10万件以上

30万人を転職させた実績

営業職、エンジニア、クリエイティブ職の転職に強い

 

リクルートエージェント最大の特徴は「求人数の豊富さ」です。

 

dodaは全部で求人数が10万件以上ですが、リクルートエージェントは「非公開求人だけ」で10万件以上あります。

 

様々な求人を見たい方人におすすめの転職エージェントです。

>>無料登録&無料相談はこちら

 

③:パソナキャリア

 

リクルートエージェントやdodaは大手の中の大手ですが、僕が1番おすすめしたいのはパソナキャリア

 

パソナキャリアの特徴

パソナキャリアにしかない求人が多い

アドバイザーがとにかく丁寧

キャリアアップの転職に強い

 

最大の特徴は「サポートの丁寧さ」です。

 

リクルートやdodaと比較して求人数は少ないですが、その分1人1人にかける時間が違います。

 

転職までの期間は短くありませんが、それは転職希望者を第一に考えての結果です。

 

エージェント側も仕事なので、転職活動期間が長引くと「とりあえず転職させよう」と考えます。そこを堪えてサポートしてくれるのがパソナキャリアの魅力です。

 

 

担当者とストレスなく転職活動をしたい。絶対に希望の職種や業界に転職したいと思ってる方におすすめの転職エージェントです。

>>無料登録&無料相談はこちら

 

転職エージェントに断りを入れることは大切

 

転職は転職エージェントの実績を積むためにするのではありません。

 

あなたの人生を豊かにするために行うものです。

 

不満や不安があれば転職エージェントを変えて絶対に転職を成功させてください。

 

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

-転職, 転職エージェント

© 2021 しんのすけの転職ブログ