転職 転職エージェント

転職エージェントとの面談は本音で話すべき?【3回転職した会社員が解説】

 

悩んでる人
転職エージェントとの面談はどこまで本音で話して良いの?

転職エージェント側がどこまで本音で話してるのか知りたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

こんにちは、しんのすけです。

 

今回は「転職エージェントについての本音」を解説します。

 

求職者側がどこまで本音で話せば良いかや、転職エージェントがどこまで本音で話してるのかが内容です。

 

転職エージェントを利用する時って、どこまで本音で話せば良いか迷うんですよね。

 

これ言ったらエージェント側から悪い印象を受けるんじゃないかとか、エージェント側から企業に伝わったら採用されにくくなるんじゃないか、とか。

 

転職希望者の中には「ここは本音を言いたくないな〜」って人も多いと思います。

 

実は僕もそうなんですよ。何が嫌とかじゃなくて、単純に知られたくないって理由でした。
しんのすけ

 

この記事では「本音で話した方が転職に有利になる質問」や「本音で話さなくても転職に支障をきたさない質問」などを解説します。

 

まだ転職エージェントに登録してない方、おすすめの転職エージェントを知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

>>本当におすすめの転職エージェント3選【3回転職したサラリーマンが解説】

>>転職エージェントを複数登録するメリットとデメリット【3回転職した会社員が解説】

 

それでは本題に入りましょう。

 

本記事の内容

転職エージェントとの面談で本音で話すべきこと

転職エージェントとの面談で本音で話さなくて良いこと

転職エージェントは本音で面談をしてるのか?

 

転職エージェントとの面談で本音で話すべきこと

 

本音で話した方が転職しやすくなる項目は以下の通り。

 

  1. 学歴や経験
  2. 転職先の希望条件
  3. 現在の転職活動状況

 

基本は全て本音で話すのがベストですが、誰にだって隠したいことはあります。

 

なので、上記の3つだけは嘘偽りなく話しましょう。

 

①:学歴や経験

 

困ってる人
大学も出てないし有名な企業にも勤めてない。

できるだけ隠したいな。

 

その気持ちはわかります。

 

なぜなら僕は高卒だからです。

 

転職の場合、企業は「経験者」を雇うんですよね。未経験への挑戦であっても学歴や前職の経歴を見られることが多いです。

 

しかし、ここは嘘をつかないようにしましょう。

 

学歴や経験を本音で話すメリット

あなたの能力にあった職場に転職できる

転職先で無理しなくて良い

 

学歴や経験を偽って転職しても、あなた自身が苦労します。

 

僕は高卒でIT企業に転職しましたが、「未経験OK」の企業に転職しました。
しんのすけ

 

どうしてもやりたい仕事があるなら、未経験でも採用してくれる企業を選びましょう。

 

僕の1回目の転職経験談はこちら。

>>高卒のIT未経験でも転職できます【工業高校卒の僕がIT企業に転職した話】

 

②:転職先の希望条件

 

とりあえず転職したいからある程度希望条件を緩くしよう。

 

その気持ちもわかりますが、やはり希望条件は本音で話すべきです。

 

あなたの希望条件と違う企業に転職してもストレスで辞めたくなります。企業側にとってもあなたにとっても、デメリットしかないので「転職先に求める条件」は本音で話した方が良いですね。

 

株式会社ビズヒッツが運営するメディア、Biz Hitsgが「30代で転職した203人の男女」を対象にした「転職で失敗したこと」というアンケート結果があります。

 

30代の転職で失敗したこと

1位:他の会社と比較してから転職すればよかった

2位:転職先のリサーチが足りなかった

3位:20代のうちに転職すればよかった

 

1位と2位の共通点は「自分の転職希望条件が満たされてない」ということですね。

 

希望条件に合ってない企業に転職しても、また転職したくなるので、あなたの希望条件は本音で伝えましょう。

 

③:現在の転職活動状況

 

複数の転職サイトや転職エージェントを利用してる人は、まずはそのことを伝えましょう。

>>関連記事:転職エージェントを複数利用してる事を伝えるメリットとデメリットを解説

 

どの企業に応募してるかを知ることでエージェント側がどんな求人を紹介すれば良いのかわかります。

 

悩んでる人
他のエージェントを利用しててもちゃんと対応してくれるの?

 

問題ありません。

 

なぜなら、転職エージェントは「転職希望者を転職させること」でお金を稼いでるからです。

>>関連記事:転職エージェントの仕組み

 

応募する求人のバッティングを防ぐためにも、現在の活動状況は素直に話しても良いでしょう。

 

転職エージェントとの面談で本音で話さなくて良いこと

 

転職エージェントは全て本音で話して欲しいと思ってますが、隠したいことだってありますよね。

 

僕は転職エージェントから聞かれたことに対して、全てを本音では話しませんでした。本音で話せば転職に不利になることがあるからです。

 

「ここは本音じゃなくても良い」ところを解説します。

 

本音で話さなくて良いこと

  1. 転職を希望する理由
  2. 前の会社での不満

 

①:転職を希望する理由

 

これは、「転職にとってマイナスになる理由」なら本音で話さなくても良いと思います。

 

印象を悪くする転職希望理由

嫌いな人がいた

仕事がめんどくさい

楽な仕事したかった

 

明らかにパワハラを受けてたとか、サービス残業が多すぎるなどは良いですが、「自分勝手すぎる理由」は隠しても良いと思います。

 

どうしても嫌いな人がいるって仕方ないと思います。それにどうしてもしたくない仕事も。

 

本音で話して転職できないより、隠して転職して転職先で改善する方があなたにとって幸せです。

 

嘘はダメですが、隠すことなら大丈夫です。

 

②:前の会社での不満

 

これは上記の「転職を希望する理由」と似てますね。

 

これが転職の決め手になった、ではありませんが「会社自体への不満」無理に言う必要はありません。

 

転職エージェントや企業から好まれる言い回しは、「自分が悪かった」って言い方です。

 

株式会社イー・クオーレの行った800人の男女を対象に行なった「職場環境調査2019」によると、職場に対して不満を持ってる人は約6割もいる事がわかりました。

引用元:PRTIMES

 

さらに、「今の職場で働き続けたいか」の質問に「働き続けたい」と答えた人は46.9%でした。

 

どこの会社に行っても不満は出るし、一生その会社で働くわけではないので、「自分の責任です」と言った方がお得です。
しんのすけ

 

とはいえ、自分の責任だと思い込みすぎるのも危険なので程々に。

 

 

転職エージェントは本音で面談をしてるのか?

 

結論、本音は全て話してません。

 

転職エージェントも仕事でやってますからね。本音で話さないのは当たり前です。

 

どんなことを本音で話してないのか

転職できそうかできなそうか

書類通過率や内定率

 

全体的に「求職者側への配慮」って感じですね。

 

困ってる人
でも本音で話してくれないエージェントって信用できないんじゃない?

 

こんな疑問もわかります。

 

結論、「本音を全て話す人間はいないから問題ない」ですね。

 

 

このツイートが参考になります。

 

それでも転職エージェントを信用すべきか?

 

ある程度信用して良いと思います。

 

なぜなら、転職エージェント側も転職させないとお金がもらえないから。

 

悩んでる人
なんである程度なの?

 

転職エージェントは「転職させることでお金をもらう職業」なので、転職希望者を転職させなければいけません。
しんのすけ

 

人は利害関係で繋がってるので、転職エージェントに限らず人を100%信用するのは危険です。

 

転職のベストな形

  1. 転職エージェントを複数登録する
  2. それぞれのエージェントで転職活動をする
  3. 同時並行で転職サイトを利用する

 

エージェントに任せっきりにしないで、自分で転職サイトから応募するのがベストです。

 

転職エージェントとの面談で本音を全て話す必要はありません

 

転職エージェントのサイトを見てると、「求職者は本音で話すべし」みたいな記事が多いですが、本音で話そうが話さまいが書類は通過するし面接対策はできます。

 

それに、転職エージェント側も求職者側も相手が本音で話してるかどうかなんてわかりませんからね。

 

大切なのは求人応募しまくることと、面談練習をすることです。

 

あまり気負わずにエージェントとの面談に臨んでください。

 

-転職, 転職エージェント

© 2021 しんのすけの転職ブログ