転職 転職エージェント

転職エージェントとの面談に必要な準備って?【3回転職した僕が解説します】

 

困ってる人
転職エージェントとの初面談に緊張する。

何か準備するものあるかな?

 

こんな悩みを解決します。

 

こんにちは、しんのすけです。

 

この記事では「転職エージェント担当者との面談前の準備」について解説していきます。

 

転職エージェントを利用して、転職しようとしてるけどまだ登録してない方は下記の記事を参考に登録してください。

>>本当におすすめの転職エージェント3選【3回転職したサラリーマンが解説】

>>転職エージェントを複数登録するメリットとデメリット【3回転職した会社員が解説】

 

転職エージェントとの面談って緊張するんですよね。

 

特に初めて転職エージェントを利用する人は、どんな準備をすれば良いかわからない人も多いですよね。

 

そんな人に向けて、転職経験豊富な私しんのすけが解説します。
しんのすけ

 

初めに言っておくと、大した準備はしなくて良いです。

 

この記事で解説する「必要なモノ」がなくても、転職活動は始められます。

 

事前に準備してたら転職活動がスムーズにいく、程度に考えて頂いて構いません。

 

逆に早く転職したい人は準備を済ませておくと、エージェントとのやりとりが少なく済むので早く転職できます。

 

あなたが困らないために、この記事を活用して頂けと嬉しいです。

 

本記事の内容

転職エージェントとの面談に必要な準備

転職エージェントから良い求人をもらう方法(エージェントタイプ別)

 

転職エージェントとの面談に必要な準備

 

転職エージェントに登録して、面談の予約が完了した後にすべきこと(したほうが良いこと)は以下の通り。

 

転職時期を明確にする

スキルの整理

希望の業界・職種の設定

年収や勤務地などの条件設定

履歴書と職務履歴書の作成

エージェント毎のキャリアシート作成

 

わかりやすく解説します。

 

①:転職時期を明確にする

 

まずはいつまで転職したいか決めましょう。

 

転職したい時期によって、転職活動のスピードや求人応募の数、面談スケジュールが変わります。

 

リクナビNEXTのデータによると、転職までの期間は平均3〜6ヶ月だそうです。

>>参考記事:リクナビNEXT

 

3ヶ月未満で転職できる人の特徴

元々高いスキルを持ってる

退職してから転職活動をする

複数の転職エージェントに登録する

 

結局は本人のやる気次第って感じです。

 

僕は3回転職してますが、全て2ヶ月以内です。やりたい事を絞ってますし応募もめちゃくちゃしてます。
しんのすけ

 

いつまでに転職したいか決めておきましょう。

 

②:スキルの整理

 

自分はどんなスキルを持ってるか整理しましょう。

 

例えば、Excelを使えるとかWordを使えるとか簡単なことからで良いので整理します。その後に自分の強みを洗い出すのがベストですね。

 

学歴や今いる会社(前いた会社)で何も得てなくてもな大丈夫。

 

工業高校卒の僕が転職した時にアピールした強み

過去の部活の成績=継続性と協調性のアピール

社内での取り組み=主体性のアピール

 

困ってる人
それでも思いつかない・・・

 

大丈夫です。

 

なぜなら転職エージェントが洗い出してくれるからです。

 

自分のスキルや強みを事前にしておくと、転職先でも活躍できます。

 

③:希望の業界・職種の設定

 

自分が働きたいと思う業界や職種を設定しましょう。

 

困ってる人
うーん、特にやりたいことも好きなこともない。

 

その考えは危険です。

 

なぜなら、AIの進化や終身雇用の崩壊で「実力のない会社員」はリストラされる可能性が高いからです。

 

経団連の会長が「終身雇用は守れない」と明言しましたね。これは時代の流れなので仕方ありません。

 

参考ツイート↓

 

 

特に20代の仕事選びは大切です。希望の職種や業界がない人は以下の基準を参考にしましょう。

 

自分の「得意」を活かせるか

社会のニーズがあるか

 

好きなことがなくても、他人と比べて得意なことを見つけて仕事選びの参考にしましょう。

 

おすすめの動画貼っときます。

 

 

 

それでも決まらない場合はIT業界への転職がおすすめ。

 

IT業界への転職をおすすめする理由

未経験でも転職率が高い

社会的ニーズがある

スキルがつけば食いっぱぐれがない

フリーランスになりやすい

 

僕は高卒でIT業界に転職しました。

>>高卒のIT未経験でも転職できます【工業高校卒の僕がIT企業に転職した話】

 

特に20代はスキルがつきやすく、将来を感得て行動することが大切なので、IT業界への転職をおすすめします。

>>【今IT業界に転職しないと20代は損します】オススメ職種と転職エージェント

 

④:年収や勤務地などの条件設定

 

希望の業界や職種が決まっても決まらなくても、年収や勤務地などの働く環境の希望を決めましょう。

 

家族のいる方なら最低月収何円以上や、地方で仕事がしたい人は勤務地を地元にしてみたり、あなたのライフスタイルに合わせた設定をします。

 

独身の20代でも働き方や生き方を考えることは大切です。少し前までは「都会で仕事すべし」みたいな風潮がありましたが、コロナで大きく変わりました。

 

コロナ拡大期のテレワーク導入率は25%程度で、コロナ前よりわずかに上昇した。この時期には、一部の企業で従業員にテレワークを許可・推奨するようになった。実施率は全国で10%台、首都圏で20%強であったと推測される。

(中略)

緊急事態宣言期のテレワーク導入率は5割を大きく超えており、コロナ拡大期から大幅に上昇したと考えられる。

(中略)

東京商工リサーチ(2020e)では、宣言解除後から約1か月が経過した時点でも調査を実施しており、導

入率は31.0%であった。宣言解除直後のテレワーク導入率は5割を上回っていたが、解除後1か月を経過すると、テレワークの導入をやめる企業が増加したものと推測される。

引用元:INSS JOURNAL

 

だんだんテレワークの普及率は上がってきてますよってことですね。

 

そして直近のテレワーク普及率はこちら↓

20203 24.0
20204 62.7
202012 51.4
20211月前半 57.1
20211月後半 63.5
20212月前半 64.8
20212月後半 58.7

参考元:東京都労働産業局

 

ただ、アメリカではテレワークの普及率は85%と高い数字になってるので、日本はまだまだ低いと言わざるを得ません。

 

時代によって働き方や生き方が変わってきたので、あなたの望むライフスタイルから逆算して希望年収や勤務地を設定しましょう。

 

20代で生き方に悩んでる方はこちら。

>>生き方がわからない20代がすべきこと【結論:行動すればいいだけ】

 

⑤:履歴書と職務履歴書の作成

 

これは事前に用意できる人だけで良いです。

 

僕は今まで色んなエージェントを利用してきましたが、全て面談後に作成しました。
しんのすけ

 

作成しないと面談ができないわけではないので安心してください。

 

ただ、少しでも早く転職先を極めたい方は事前に用意しておくと、その後の転職活動がスムーズに進みます。

 

⑥:エージェント毎のキャリアシート作成

 

履歴書や職務履歴書と違い、企業毎のキャリアシートの提出を求められる場合があります。

 

これは履歴書と職務履歴書を掛け合わせたようなモノなので簡単に書けます。

 

転職エージェントから良い求人をもらう方法(エージェントタイプ別)

 

 

エージェントとの初期面談も終わると、エージェントから求人が送られてきて、求職者が求人に応募するといった流れになります。

 

ここで大切なのは「いかに良い求人をエージェントに送ってもらうか」です。

 

あなたにとってベストな会社に転職したいですよね?そのためには転職エージェントがら良い求人をもらう必要があります。

 

これにはコツがあるのでわかりやすく解説します。

 

①:総合型転職エージェントの場合

 

総合型とは「幅広い業界や職種を取り扱ってる」転職エージェントです。

 

総合型転職エージェントの代表

 

総合型で良い求人をもらうコツは2つ。

 

  1. 幅広い職種に興味があることをアピール
  2. 興味がありつつ狙っている業界や職種があることを伝える

 

幅広く求人を送ってもらって、自分の中で選別して転職先を決めていくのがベストです。

 

②:特化型転職エージェント

 

特化型は「特定の業界や業種に特化してる」転職エージェントです。

 

特化型転職エージェントの代表

医療全般:ジョブメディカ

高卒の20代専門:未経験ナビ

未経験からプログラマー:GEEK JOB

 

特化型で良い求人をもらうコツは2つ。

 

  1. 転職になれてる感を出す
  2. 耳を傾けすぎない

 

この手のエージェントを利用するときは「自分に自信があって狙いたい業種がある」と雰囲気で伝えましょう。

 

提案される求人に無闇に飛び付かず、あなたが本当に興味を持った求人だけ応募すれば大丈夫。

 

転職エージェントとの面談の前に準備すれば転職活動がスムーズに

 

この記事で解説した面談前の準備を全て行えば、転職活動がスムーズにいきます。

 

準備しなくても手面談はできますが、早く転職したい人は準備しましょう、

 

プロサッカー選手の本田圭佑さんは「準備が全て」と言ってます。

 

準備を万全にして、転職エージェントとの面談に臨みましょう。

 

-転職, 転職エージェント

© 2021 しんのすけの転職ブログ