転職 転職エージェント

転職エージェントとの面談に最適な服装は?【結論:清潔感があれば大丈夫】

 

悩んでる人
転職ージェントとの面談はどんな服装で行けばいいの?

面談前に準備するものはある?

服装自由って言われたけどスーツの方が良いかな?

 

こんな悩みを解決します。

 

こんにちは、しんのすけです。

 

転職エージェントとの面談って緊張しますよね。

 

中でも服装。

 

僕は初めて転職エージェントの方と面談する時、服装で悩みました。スーツじゃなくても良いと言われながらも、スーツで行った方が良いんじゃないかって思ったり、スーツじゃない方が良いんじゃないかと思ったり(笑)
しんのすけ

 

なぜ悩んだかというと、転職エージェントの印象が転職活動に影響があるんじゃないかと思ったからです。

 

僕が気にしたこと

スーツの方が印象良いのか?

スーツじゃなくて良いと言われたから従うべきなのか?

けどスーツでいた方が印象良いよな

 

まじでキリがありません(笑)

 

今回は、転職を3回経験した僕の考えと、転職エージェント側の考えを参考に「どんな服装で面談をすれば良いのか」という点を解説します。

 

本記事の内容

転職エージェントとの面談にベストな服装

転職エージェントとの面談で服装以外に大切なこと

企業との面談で好印象を与える服装

 

まだ転職エージェントを登録してない方は下記の記事を参考にしてください。

>>おすすめの転職エージェント6選【3回転職したサラリーマンが解説】

 

転職エージェントとの面談にベストな服装

 

結論、ベストな服装はありません。

 

なので、服装を指定されなければスーツ以外でも大丈夫です。

 

悩んでる人
それでもスーツの方が良いんじゃない?

 

そんな人のために、「スーツ以外で好印象な服装」と「NGの服装」を解説します。

 

スーツ以外で好印象の服装

 

おすすめは、オフィスカジュアルです。

 

オフィスカジュアルとは

一言で言えば、「オフィスで仕事をするのに相応しいカジュアルは服装」です。社会人としてのマナーを守りながら、相手に好印象を与える服装ならオフィスカジュアルです。

>>参考記事:air Closet Style

 

こんな感じ↓

 

 

https://twitter.com/ccafealicekoto/status/1400272031422193664

 

 

 

スーツじゃなくても、相手に好印象を与えれる服装ならOK。

 

こんな服装なNG

スーツ以外で「こんな服装はNGだよ」って基準は以下の通り。

 

男性のNG 女性のNG
半袖短パン 露出多すぎ
ボサボサな髪 キツすぎる香水
剃ってないひげ 派手すぎるメイクと服装

 

転職エージェントを利用しての転職は「転職エージェントと二人三脚」で進めます。

 

エージェントの担当者も人間なので、第一印象で「この人苦手だな」と思ったら転職活動がスムーズに進みません。

 

先のことを考えて、担当者から「悪い印象」を持たれないようにしましょう。

 

転職エージェントとの面談で服装以外に大切なこと

 

一言で言うと「準備」です。

 

転職エージェントとの面談は以下の流れ。

 

転職エージェントとの面談の流れ

  1. 挨拶・自己紹介
  2. 現在の転職活動状況のヒアリング
  3. あなたの経歴や転職動機の確認
  4. 希望職種や条件の確認
  5. 求人の提案と希望の確認
  6. 今後の転職活動の確認

 

この面談の進捗で、今後の転職活動のスピードが変わります。

 

ここでサボると後々サボるんですよね。やる気のあるうちに準備するのが1番。
しんのすけ

 

初期面談に必要な準備を解説します。

 

①:希望条件の設定

 

ここで設定するのは以下のこと。

 

希望の職種

欲しい年収

休日数

テレワーク可能か

フレックス制度を導入してるか

オフィスカジュアルで出勤可能か

 

ざっとこんな感じ。

 

人によってはさらに細かい条件があるかもしれませんが、最低上記の項目を設定しましょう。

 

株式会社ビズヒッツが運営するメディア、Biz Hitsが30代で転職を経験した203人を対象に、「転職理由や転職で失敗したこと」をアンケート照査しました。

 

アンケートの調査結果

1位:待遇や職場環境への不満

2位:スキルアップ

3位:ライフスタイルの変化

4位:人間関係

5位:解雇・倒産・業績悪化

参考記事:30代からの転職理由と転職活動で失敗したことランキング

 

この調査は30代を対象にした調査ですが、20代にも40代にも同じことが言えます。

 

転職先でのギャップを無くすためにも、条件は事前に設定しておきましょう。

>>関連記事:転職エージェントとの面談に必要な準備って?【3回転職した僕が解説します】

 

②:履歴書と職務履歴書

 

転職エージェントによっては面談日が決まった時点で、メールに履歴書と職務履歴書が添付されて送られてきます。

 

僕が今まで使用した転職エージェントは全て面談前のメールに添付されてました。

>>関連記事:おすすめの転職エージェント6選【3回転職したサラリーマンが解説】

 

面倒臭いと思われるかもしれませんが、転職では色スピードが超重要。
しんのすけ

 

転職エージェントとの面談前に、書類は終わらせちゃいましょう。

>>参考記事:書類選考に通る職務履歴書の書き方

 

企業との面談で好印象を与える服装

 

基本企業との面談はスーツです。

 

スーツを着る上で注意すべきことを解説します。

 

企業との面接で注意すること

  1. 体格にあったスーツを着る
  2. スーツのしわを伸ばす
  3. 髪や髭など身なりを整える

 

①:体格に合ったスーツを着る

 

体格に合わないスーツは相手に悪い印象を与えます。

 

特にビジネスマンは「見た目の印象」がとても大切です。同じスキルを持ってても、見た目が整ってる人とだらしない人だと、信頼感が違いますよね。
しんのすけ

 

いきなりですが、メラビアンの法則を知ってますか?

 

メラビアンの法則とは

結論、「人の見た目がその後の人間関係に直結する」という法則です。話し手が聞き手に与える印象は見た目が55%を占めてるとされ、話の内容は7%しか印象に残らないそうです。

>>参考記事:メラビアンの法則とは

 

つまり、見た目を整えるだけで転職成功率が上がるということです。

 

企業の採用担当者にアンケートをしたところ、採用の合否に見た目は関係ある、と答えた人は78.4%もいたそうです。

>>参考記事:workport

 

まずは体格に合ったスーツを選びましょう。

 

②:スーツのしわを伸ばす

 

体格に合ったスーツを選んでも、そのスーツがヨレヨレだったら印象は良くありません。

 

あなたもヨレヨレの服を着てる人を見たら「だらしないのかな〜」と思いますよね?
しんのすけ

 

それと同じで、服自体の清潔感って大切なんです。

 

転職活動中は、最低月に1回はスーツをクリーニングに出しましょう。

 

③ :髪や髭など身なりを整える

 

服装が整ったら次は身なりです。

 

服が決まってても、髭が伸びてたり髪がボサボサだったら良い印象を与えれません。

 

男性と女性の差はあれど、ムダ毛の処理や髪のセットは大切です。

 

性別に関わらず、見た目を整えましょう。

 

番外編:私服で良いと言われた時

 

企業との面談で、「私服で良い」と言われる時があります。

 

近年では「スーツじゃないとダメ!!」みたいな風潮がなくなってきました。僕も面談までいった企業の3割は「私服で良い」と言ってました。
しんのすけ

 

困ってる人
けど、スーツで行ったほうが印象良いんじゃない?

 

結論、清潔感があれば私服で大丈夫です。

 

なぜなら、企業は転職者に求めてるのは以下の項目だから。

 

企業が転職者に求めるポイント

継続性

積極性

柔軟性

外交性

緻密性

サービス性

機敏性

>>参考記事:企業が求める人物像は?

 

面談では、上記のポイントをいかにアピールできるかが重要になります。

 

つまり、清潔感の服装であればスーツじゃなくても好印象を与えられるし、逆にスーツでも上記のポイントをアピールできなければ採用されません。

 

スーツじゃなくて良いと言われたら、カジュアルなスタイルで行きましょう。

 

結論:転職エージェントとの面談は清潔感があれば良い

 

人によって清潔感の度合いは違いますが、ネットを参考に真似すれば良いと思います。

 

転職エージェントの担当者も人なので、好印象を受けた人のために力になりたいと思います。

 

たかが服装、されど服装。

 

清潔感がある服装で面談に臨みましょう。

 

-転職, 転職エージェント

© 2021 しんのすけの転職ブログ