HSP 仕事

HSPが仕事を無理なく続けるコツ【結論:1番大切なのは自分を守る行動です】

 

困ってる人
職場の人間関係が悪い・・・

毎日し働くのが苦しい・・・

 

こんな悩みを解決します。

 

こんにちは、しんのすけです。

 

いきなりですが、今の仕事続けるの辛くないですか?

 

繊細で敏感なHSPは人が多い環境や、責任が重い仕事で精神が病みやすいです。

 

 

 

僕も会社員時代、先輩との付き合い方に悩んで腹痛になったり、飲み会が嫌すぎて体調が悪くなりました。

 

一時は電車に乗るたびに吐き気や眩暈に襲われ、1駅毎に電車を降りてた時期もあります

 

そんな僕が職場で働くのが楽になったコツを紹介します。

 

これは誰にでもできるコツで、すぐに心が楽になります。

 

参考にして貰えたら嬉しいです。

 

本記事の内容

HSPが仕事を無理なく続けるコツ

HSPで仕事を続けるのが苦しかったら

HSPが自分の道を見つける為に

 

今の会社が耐えられなくて転職したいと思ってる方は下記の記事を参考にしてください。

>>おすすめの転職エージェント6選【3回転職したサラリーマンが解説】

 

HSPが仕事を無理なく続けるコツ

 

誰でも辛いまま仕事を続けたくありません。

 

まずは無理なく続けるコツを解説します。

 

HSPが仕事を無理なく続けるコツ

  1. 自己否定をしない
  2. 全てを客観視する
  3. こまめに1人の時間を作る
  4. 人との距離感を大切にする
  5. 小さな変化に気を配る
  6. 職場以外の人間と仲良くなる

 

①:自分を否定しない

 

HSPは先読みしたり深読みする能力に長けてるので、「マイナス感情だ」「気合がない」と言われる事があります。

 

言われた時に自分を否定してはいけません。

 

なぜならその短所は長所でもあります。

 

短所=長所の理由

マイナス感情→慎重

気合がない→冷静

 

僕も前までHSPが短所だと思ってましたが、今では武器だと思ってます。ブログをする上で共感力を活かせますからね。

 

ただその環境が合ってないだけであなたが悪いわけではないので絶対に自分を否定してはいけません。

 

②:全てを客観視する

 

HSPは「1を聞いて10を考える」能力があります。

 

他人の些細な一言でも想像を膨らまして、その人の考えてる事を深く考えます。

 

問題は、その時にネガティブな方向に考えてしまう事です。

 

深読みの例

機嫌が悪い=自分がなんかしてしまったんじゃないか

周りが困ってる=自分の力不足だ

 

元々人間はネガティブな生き物で、繊細なHSPはより慎重になるのでネガティブになってしまいます。

 

しかし、それは長所です。

 

生きる上で最悪を考えて行動するのは大切です。なぜならリスクを考えて行動しないと被害を受け流事があるからです。

 

客観視できる能力があると仕事でもプライベートでも、ネガティブになり過ぎずに楽に生きられます。

 

③:こまめに1人の時間を作る

 

HSPは共感能力が高くて繊細で敏感なので、人が周りにいるだけで疲れます。

 

なので定期的に1人の時間を作りましょう。

 

日常で1人になれる時間

休憩時間

通勤・退勤時

夜の就寝前

 

1人の時間を作ると気持ちの整理ができて心の負担が減ります。

 

僕は会社員時代、1人の時間を作るようにスケジュールを組んでました。そんな目的でスケジュール組んでるのは自分だけだったと思いますが。

 

④:人との距離感を大切にする

 

仕事内容がきつくても、人間関係が良ければ仕事が続きます。

 

心理学者のアドラーは言いました。

 

すべての悩みは人間関係だ、と

 

それほど人間関係は大切です。

 

適切な距離感を保つ方法

イエスマンにならない

自分を主張する

なんとなくの関係を断つ

 

近づきすぎると苦しくなるし、遠すぎると遠慮しあう仲になります。

 

お互いが「楽」な距離感を保つと仕事が続けやすくなります。

 

人間関係で悩んでる方は「嫌われる勇気」を読むと悩みが解決しますよ。

 

 

⑤:小さな変化に気を配る

 

小さな変化は大きな変化に繋がります。

 

HSPは環境の変化に敏感なので、少しの変化でも疲れてしまいます。

 

なので、小さな変化を見逃さないようにしましょう。

 

職場の小さな変化

係内の席移動

会社内の業績

周りの人間関係情報

 

小さな変化に気付くと準備ができます。

 

例えば、営業課に異動する噂が流れてきたら営業の勉強をすると営業の知識も身に付きますし、営業に異動になった時に楽ですね。

 

準備するだけで心にゆとりができて仕事を続けやすくなります。

 

⑥:職場以外の人間と仲良くなる

 

会社が全てだと生き辛いです。

 

なぜなら職場で上手くいかなかったら自分の居場所がなくなって、人とのコミュニケーションを取れなくなるからです。

 

なので、趣味仲間を作りましょう。

 

HSPにオススメの趣味

散歩

読書

映画鑑賞

 

基本1人できて意見や感情を共有しやすい趣味です。

 

HSPで仕事を続けるのが苦しかったら

 

それでも会社で働くのが辛い人が多いです。

 

そんな人がすべき行動は3つです。

 

今の職場が辛かったら

  1. 転職する
  2. 無職になる
  3. 脱サラする

 

①:転職する

 

どれだけ頑張ってもどうにもならない事ってあります。むしろそっちの方が多いです。

 

今の職場で足掻いても無理な時は諦めて転職しましょう。

 

転職先は自分の強みを活かせる環境が良いですね。

 

HSPの強みを分析

  • 深く考えられる
    →分析・考察能力に長けてる
  • 人の感情や思考に敏感
    →観察能力がある・人のニーズを求める職が向いてる
  • 共感力が高い
    →人の悩みに共感できる・カウンセラーなど向いてる
  • ネガティブ思考
    →リスク回避できるので管理職に向いてる
  • 創造性が高い
    →イラストレーターやライターに向いてる

 

自分が20代中盤で転職したいという方は「【20代中盤の人はIT業界に転職すべき】オススメ職種と転職エージェント」で解説してます。

 

下記の記事では「HSPに向いてる仕事や向いてない仕事」を解説してるので、参考にしてください。

>>HSPに向いてる仕事と向いてない仕事【あなたに向いてる仕事がわかります】

 

②:無職になる

 

無職になって実家に帰りましょう。

 

無職が情けないっていう人もいますが、僕はそう思いません。人生100年時代なので、たかが1~2年働かない期間があって何が悪いんだって話です。

 

働きたくなかったら働かない。

 

無職の時期にすべき事

ひたすらボ〜っとする

何もしないを否定しない

美味しいご飯を食べる

 

心のリフレッシュ期間にしましょう。

>> 関連記事:無理に働く必要はない

 

③:脱サラする

 

脱サラが最強です。

 

ですが、簡単に脱サラはできません。

 

なぜなら会社を辞めて自分で稼ぐのが難しいからです。

 

フリーランスの知り合いってどれくらいの割合でいますか?僕は今まで出会ってきた人の1割もいないです。

 

それほど脱サラする人は少ないです。

 

脱サラする方法

転職してスキルを磨いて脱サラ

副業から始めて脱サラ

バイトや無職期間にスキルを磨いて脱サラ

 

理想は「副業が本業の収入を超えたら脱サラ」ですね。

 

HSPにおすすめの副業については下記の記事で解説してます。

>>仕事が続かないHSPでも失敗しない副業の選び方【おすすめの副業3選!!】

 

自分の道を見つける為に

 

結局は行動しかありません。

 

はっきり言って、HSPにとって現代は生き辛過ぎます。

 

僕は会社員だと辛過ぎて個人で稼ぐ人生を選びました。簡単ではないですけど、会社員の苦痛を耐えるより充実感があって楽しいです。

 

まずは今の職場で自分が働きやすい環境を作る努力をして、それでもダメなら転職しましょう。

 

HSPという個性を持つあなたの幸せが見つかると良いですね。

-HSP, 仕事

© 2021 しんのすけの転職ブログ