転職 転職エージェント

ハローワークと転職エージェントを徹底比較【どっちを使うのがおすすめ?】

 

悩んでる人
ハローワークを利用して転職しようと思ってる。

けど、転職エージェントと比較してどうなの?

どっちで転職活動するのがおすすめ?

 

こんにちは、しんのすけです。

 

もしあなたがハローワークを使って転職しようと思ってるなら、今すぐやめてください。

 

なぜなら、ハローワークを使った転職はあなたを不幸にするかもしれないからです。

 

ハローワークを使って転職した場合

ブラック企業に当たる可能性が高い

あなたに合わない仕事にあたる

 

この記事の結論を先に書くと、「転職エージェントを利用して転職しよう」です。

 

ハローワーク転職エージェントの特徴を解説し、比較しながら転職エージェントで転職した方が良い理由を解説します。

 

すでに転職エージェントで転職するのを決めてる方は下記の記事を参考にしてください。

>>おすすめの転職エージェント6選【3回転職したサラリーマンが解説】

 

それでは本題に入ります。

 

本記事の内容

ハローワークとは

ハローワークで転職する手順

ハローワークを利用するメリット

ハローワークを利用するデメリット

転職エージェントとは

転職エージェントで転職する手順

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントに関するQ$A

おすすめの転職エージェント

 

ハローワークとは

 

ハローワークの正式名称は「公共職業安定所」です。

 

ハローワークの業務

民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネットとしての役割を担っています。また、地域の総合的雇用サービス機関として、職業紹介、雇用保険、雇用対策などの業務を一体的に実施しています。

>> 引用元:厚生労働省

 

求職者と、人材を求める企業の橋渡しをしてるよーって感じですね。

 

ハローワークが提供するサービス

  1. 求人紹介
  2. 相談窓口で相談
  3. 自己分析サポート
  4. 職業訓練に関する相談
  5. 履歴書の書き方サポート
  6. 面接対策
  7. 紹介状の発行

 

他にも「失業手当の支給手続き」や「雇用保険の資格に関する手続き」などがあります。

 

詳しくは下記の記事を参考にしてください。

>>ハローワークについて

 

ハローワークで転職する手順

 

ハローワークで転職する手順は6つに分けられます。

 

  1. 求職者申込手続きを行う
  2. 手続き後にハローワークーカードを受け取る
  3. パソコンで求人を探す
  4. 窓口で相談
  5. 求人に応募
  6. 面接を受ける

 

わかりやすく解説します。

 

①:求職者申込手続きを行う

 

受付で「初めてハローワークを利用します」と伝えましょう。

 

ハローワークで求職活動をするには「求職者登録」が必須です。

 

登録する内容

氏名

生年月日

性別

要害の有無etc…

>>参考記事:求職情報の登録の仕方

 

長いですが、簡単に書ける項目だけなので問題なしです。

 

②:手続き後にハローワークーカードを受け取る

 

登録が終わったら「ハローワークカード」を受け取りましょう。

 

ハローワークカードとは

ハローワークカードとは、仕事の相談、紹介、求人検索用パソコンの利用、各種セミナーの受講など、ハローワークでの各種サービスを受けるための登録カードです。

>>引用元:ハローワークの利用案内

 

これがないとハローワークのサービスを受けれません。

 

有効期限は3ヶ月で、有効期限が切れた場合は更新手続きが必要です。

 

③:パソコンで求人を探す

 

窓口で「求人を探したい」と伝えてください。

 

その後、「何番のパソコンへどうぞ」と案内されるので、パソコンを使い求人を探します。

 

これは自宅でもできるので、求職者情報を登録した人は自宅で検索しましょう。

>>ハローワークインターネットサービス

 

気に入った求人があれば、求人票を印刷して窓口で相談です。

 

④:窓口で相談

 

求人票を窓口に持っていくと、求人の詳細を教えてくれます。

 

求人票に載ってない情報で、気になることがあればなんでも聞きましょう。

 

その時わからないことでも、ハローワークが企業に確認連絡をしてくれます。遠慮せずガンガン聞きましょう!
しんのすけ

 

⑤:求人に応募

 

企業の詳細がわかり、希望の条件が整ってたら応募です。

 

ハローワークの職員がやってくれるので、あなたは何もしなくて大丈夫です。

 

面接日が決まったら、職員が「紹介状」を発行してくれます。

 

紹介状には会社の住所や面接日時、当日必要なものが書いてます。

 

紹介状をもらった求職者は、履歴書と職務履歴書の作成に移ります。

 

⑥:面接を受ける

 

あとは面接に行くだけ。

 

服装はスーツです。

 

もしトラブルが起こっても、紹介状を発行してもらってればハローワークが対応してくれます。
しんのすけ

 

ハローワークを利用するメリット

 

ハローワークのメリットは以下の通り。

 

  1. 職業訓練を無料で受けられる
  2. 合格の採否を必ず教えてくれる
  3. 地元企業の求人が多い

 

解説します。

 

①:職業訓練を無料で受けられる

 

職業訓練とは、無料で受けられる就職支援制度です。

 

一言で言うと「授業」ですね。会社に入った後に使うスキルや、企業が求めるスキルを磨けます。

 

職業訓練には2つの種類がある

公共事業訓練

求職者支援制度

 

この記事では「職業訓練って2つ種類があるんだ〜」程度の理解で大丈夫です。

 

詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

>>参考記事:職業訓練って何?

 

②:合格の採否を必ず教えてくれる

 

転職サイトや転職エージェント場合、「合格した時だけ連絡します」みたいな企業が多いです。

 

企業側からしたら楽ですが、求職者にとっては待ってる時間がソワソワしますし、変に期待しちゃうので連絡欲しいですよね。

 

採否を教えてくれるメリット

気持ちの切り替えができる

次の行動が早くなる

 

転職のスピードが上がるので、転職エージェントや転職サイトと比べて、明確に違う点です。

 

③:地元企業の求人が多い

 

ハローワークは全国に544箇所(2021年3月)も設置されており、地域密着型の就労支援をしてます。

>>参考記事:厚生労働省 職業安定局

 

転職サイトや転職エージェントに比べて、圧倒的に地方の求人が多いです。

 

地方求人が多いメリット

実家から通えて固定費が浮く

通勤で満員電車に乗らなくていい

地元仲間と遊べる

 

最近では地方の過疎化が進んでますが。地方創生には「若い労働力」が不可欠。

 

地方に貢献したいと思ってる方は、ハローワークを利用するのがおすすめです。

 

ハローワークを利用するデメリット

 

求職者にとってのデメリットを解説します。

 

ハローワークを利用するデメリット

  1. 求人内容と労働条件に差異のある場合が多い
  2. ブラック企業に当たる可能性が高い
  3. 給料が安い
  4. 自分でやることが多い

 

①:求人内容と労働条件に差異のある場合が多い

 

厚生労働省の調べによると、平成30年度に「求人票の記載内容と、実際の労働条件が異なっていた」と報告された件数は、2,967件もあるそうです。

>>参考記事:厚生労働省

 

求人票に書いてる内容に魅力を感じたのに、求人内容と違う労働環境だったらキツくないですか?

 

求人内容と労働条件に差異が多い理由

審査基準が緩い

嘘の内容を書いても罰則がない

 

これ、多いので注意です。

 

 

 

 

②:ブラック企業に当たる可能性が高い

 

求人内容を誤魔化してる企業が多いので、ブラック企業に当たる可能性が高いです。

 

 

 

 

実はハローワークに良い求人はありません。

 

そもそも良い求人なら転職サイトや転職エージェントで取り扱えます。そこで情報を載せれないor載せてくれないってことは、ブラックである可能性が高い。

 

しかも入らないとブラックかどうかわからないので、はありローワークを利用するのはおすすめできません。

 

③:給料が安い

 

ハローワークで取り扱ってる企業は、基本大手がありません。

 

中小企業が中心なので、給料面には期待できないですね。

 

ハローワークの求人が安月給な理由

転職サイトやエージェント使うお金の余裕すらない

地方求人が多い

 

正社員でも年収200万円台の求人が多いので、将来を考えた転職ができません。

 

 

 

転職エージェントとは

 

転職エージェントとは、求職者に対して転職支援サービスを行うエージェントです。

 

転職エージェントがしてくれること

求人紹介

書類添削

面接対策

企業との面接日程調整

内定後のサポート

 

ハローワークよりサービスの質が高く、良い条件の求人が豊富です。

 

転職エージェントで転職する手順

 

転職エージェントの利用手順は以下の通り。

 

  1. 転職エージェントに登録
  2. 担当者からメールor電話が来る
  3. 最初の面談の日程調整
  4. 面談でヒアリング
  5. 求人が送られてくる
  6. 送られてきた求人の中から応募する
  7. 企業による書類選考
  8. 面接日時の調整
  9. 面接
  10. 内定

 

こんな感じですね。

 

どの転職エージェントでも基本は同じです。

 

すでに転職エージェントの利用して転職を決めてる方は、下記の記事を参考にしてください。

>>おすすめの転職エージェント6選【3回転職したサラリーマンが解説】

 

転職エージェントを利用するメリット

 

以下が転職エージェントを利用するメリットです。

 

無料で利用できる

企業との調整を担当者がしてくれる

企業内部の情報を入手できる

非公開の求人が多い

転職に関してなんでも相談できる

キャリアプランに沿った転職ができる

面接の通過率が上がる

条件交渉を代行してくれる

退社のトラブルが少ない

 

うーん、多いですね(笑)

 

なので、わかりやすく共通点を解説します。

 

①:面倒ごとを引き受けてくれる

 

これが1番のメリットだと思います。

 

転職する気持ちが強くても、面倒な作業があるとやる気も削がれるんですよね。転職に対するモチベーションを下げないためにも、エージェントの利用はおすすめです。
しんのすけ

 

転職時の面倒ごと

書類作成

企業との面接調整

 

なるべく楽して転職したい方には転職エージェントがうってつけです。

 

②:客観的な意見がもらえる

 

転職には自己分析をして面接対策をする必要があります。

 

今は面接をしないで採用する企業はほぼありません。書類選考を通過したとして、面接で落ちるのはもったいないですよね?

 

面接で自分をアピールするのに必要なのは自己分析。そのために、客観的な意見をくれる転職エージェントは頼りになります。

 

ヒアリングによってわかること

あなたの長所・短所

あなたに合いそうな職種

企業ごとのアピールの仕方

 

とはいえ、あくまで1つの意見として「参考程度」に留めておきましょう。

 

転職エージェントを利用するデメリット

 

結論、4つのデメリットがあります。

 

転職エージェントを利用するデメリット

  1. 自分のペースで転職活動ができない
  2. 合わない担当者に当たるかもしれない
  3. 希望じゃない職種の求人が送られてくる
  4. サポート期間が決まってるエージェントもある

 

詳しくは下記の記事で解説してます。

>>転職エージェントを利用するデメリットとは?【知らずに利用すると損します】

 

転職エージェントに関するQ&A

 

読者の方が疑問に思うであろう質問にあらかじめ答えます。

 

Q1:結局ハローワークと転職エージェントはどっちがおすすめ?

 

間違いなく転職エージェントです。

 

ハローワークより転職エージェントをおすすめする理由

良い求人が多い

エージェントのサポートの質が全然違う

将来を考えた転職ができる

 

ハローワークに比べて求人数が少ないですが、複数のエージェントを利用することで解決します。

>>転職エージェントを複数登録するメリットとデメリット【3回転職した会社員が解説】

 

Q2:転職エージェントに当たり外れってあるの?

 

あります。

 

なぜなら、転職エージェントの担当者が人だからです。

 

合わない担当に当たったらチェンジしてもらいましょう。人である以上、合う合わないはあります。

 

はずれの転職エージェントを引いた時の対処法はこちら。

>>その転職エージェント大丈夫?【はずれの転職エージェントを引いた時の対処法】

 

Q3:転職エージェントって無料で利用できます。

 

転職エージェントの利用は無料です。

 

転職エージェントは、求職者を企業に転職させるのが仕事です。転職させた企業から報酬をもらうので、求職者からお金を取ることはしません。

 

お金をかけないで良い企業に転職しやすいのが、転職エージェントの魅力ですね。

 

おすすめの転職エージェント

 

おすすめの転職エージェントは下記の記事でまとめてます。

>>おすすめの転職エージェント6選【3回転職したサラリーマンが解説】

 

悩んでる人
どの業界に転職しようか迷ってる。

 

おすすめはIT業界です。

 

IT業界がおすすな理由

将来性がある

未経験でも入りやすい

フリーランスになりやすい

 

詳しくは下記の記事で解説してます。

>>【2021年最新版】転職におすすめの業界と転職エージェントを徹底解説

 

結論:転職エージェントの方がおすすめ

 

今回はハローワークの特徴と、転職エージェントの特徴を解説しました。

 

僕が転職エージェントを利用したって経緯もありますが、ハローワークより転職エージェントの方が良いと思います。

 

無料で情報入れるだけで登録できるので、この記事を見たら即行動しましょう。

 

行動しないと人生変わりません。

 

-転職, 転職エージェント

© 2021 しんのすけの転職ブログ