転職 転職エージェント

おすすめの転職エージェント6選【3回転職したサラリーマンが解説】

 

悩んでる人
転職したいけど、どの転職エージェントを使えば良いか分からない。失敗しない転職エージェントを選びたい。

 

こんな悩みを解決します。

 

こんにちは、しんのすけです。

 

いきなりですが、転職エージェント選びに迷ってませんか?

 

過去の僕も同じ悩みを抱えてました。

 

僕は今まで3回転職をしましたが、初めての転職が1番不安でしたし、転職エージェント選びも苦労しました。
しんのすけ

 

過去の僕が同じ悩みを抱えていたからこそ、転職したい人には失敗して欲しくありません。

 

僕の経歴

高卒→エレベーターの保守員
→IT企業の社員
→スイミングスクールインストラクター・BAR店員
→ITエンジニア

 

実は転職エージェント選びにはコツがあります。

 

あなたの年齢や目指す業界、理想の生活などを全て計算した上で転職エージェントを使用するのをおすすめします。

 

なぜなら、転職エージェントのアドバイザーには「当たり外れ」があるからです。

 

ハズレの転職エージェントを引いてしまった人は下記の記事を参考にしてください。

>>その転職エージェント大丈夫?【はずれの転職エージェントを引いた時の対処法】

 

今回の記事では「外れはなかった」転職エージェントのみ解説します。

 

本記事の内容

おすすめ転職エージェントのタイプ

おすすめの転職エージェント6選

転職サイトと転職エージェントの違い

なぜ転職サイトより転職エージェントをおすすめするのか?

 

おすすめ転職エージェントのタイプ

 

過去3回の転職で、僕が使用したエージェントは下記の通り。

 

 

他にもおすすめの転職エージェントはありますが、上記の6つを押さえておけば問題ありません。

 

なぜなら、転職エージェントを登録しすぎても意味がないからです。

 

転職する人は3社だけ登録して、利用するのがおすすめです。

>>関連記事:転職エージェントを複数登録するメリットとデメリット【3回転職した会社員が解説】

 

いろんな転職エージェントの評価記事を見ても、結局は意見の寄せ集めなんですよね。

 

なので、この記事では「僕が実際に使った転職エージェント」だけ解説します。

 

今回紹介する転職エージェントは2つのタイプに分かれます。

 

転職エージェントのタイプ

  1. 総合型エージェント
  2. 特化型エージェント

 

それぞれ特徴を解説します。

 

①:総合型転職エージェント

 

一言で説明すると、「幅広い業種を扱ってる転職エージェント」です。

 

この記事で紹介する総合型転職エージェント

 

未経験の業種に挑戦したい方におすすめの転職エージェントです。

 

専門スキルや高い技術がなくても、未経験の業種に転職できます。転職エージェントというとこっちをイメージする人が多いですね。

 

総合型転職エージェントのメリット・デメリット

求人数が多い

幅広い業種から選べる

特化型に比べると知識の量が少ない

利用者が多いから事務的に扱われることもある

 

こんな特徴ですね。

 

②:特化型転職エージェント

 

その名の通り、一つの業界に特化した転職エージェントです。

 

この記事で紹介する特化型転職エージェント

 

実はこれ、「高卒の20代専門」と「iT未経験者専門」しかありません。

 

他にも介護士や保育士、務系専門などもありますが僕が使ってないエージェントの感想は書けないので、今回はかけません。
しんのすけ

 

なぜIT系が多いかと言うと、1回目の転職が未経験からのIT系だったからです。

>>関連記事:高卒のIT未経験でも転職できます【工業高校卒の僕がIT企業に転職した話】

 

これは将来を考えての選択です。

 

IT業界に転職したい、IT業界が気になる方は下記の記事をどうぞ。

>>【2021年最新版】転職におすすめの業界と転職エージェントを徹底解説

 

特化型転職エージェントのメリット・デメリット

コンサルタントの知識が豊富

企業毎の対策がしやすい

求人数が少ない

 

転職したい業界が決まってる場合や、同じ業界でキャリアアップをしたい方は特化型エージェントの利用をおすすめします。

 

どちらを登録すれば良いのか

 

結論、どちらも登録するのがおすすめです。

 

どっちが良いか、ではありません。どちらもメリットとデメリットを兼ね備えてるので、どちらも登録して良いとこどりをするのが賢いやり方ですね。

 

記事の序盤でも書いてますが、転職エージェントを複数登録するメリットやデメリットは下記の記事で解説してます。

>>転職エージェントを複数登録するメリットとデメリット【3回転職した会社員が解説】

 

おすすめの転職エージェント6選

 

ここからが本題です。

 

おすすめの転職エージェントの特徴や、僕の印象を解説します。

 

①:リクルートエージェント

 

業界最大の転職エージェントです。

 

これひとつ登録してとりあえずOKって感じの転職エージェントです。

 

リクルートエージェントの特徴

未公開求人が10万件以上

転職実績30万人以上

担当者が丁寧

 

数字の実績が大きいですね。

 

未公開求人だけで10万件以上はさすがとしかいえません(笑)
しんのすけ

 

Twitter上の評価も高いです。

 

 

 

僕を担当してくださった方も良い人でしたし、おすすめの転職エージェントです。

>>無料登録&無料相談はこちら

 

②:マイナビエージェント

 

僕が最初の転職を決めてくれた転職エージェントです。

 

マイナビエージェントの特徴

総合型の中でもIT系に強い

企業とのマッチング率の高さ

未経験の業種への後押しが強い

 

特に20代の転職が強いことで有名です。

 

 

僕も21歳の時に初めて転職しました。未経験でIT企業に転職できたのはマイナビエージェントのおかげですね。

>>無料登録&無料相談はこちら

 

③:doda

 

リクルート、マイナビに並ぶ大手の総合型転職エージェントです。

 

dodaの特徴

転職までのスピードが早い

転職者満足度No.1

企業からのスカウトが多い

 

満足度No.1の理由は「入社後のギャップが少ない」ですね。

 

スカウトサービスが充実してるので、応募時点で求職者時企業の間にギャップがありません。

 

求人数も多いですし、リクルートとマイナビと合わせて登録するのをおすすめします。

>>無料登録&無料相談はこちら

 

④:パソナキャリア

 

個人的に総合型の転職エージェントで、1番おすすめの転職エージェントです。

 

パソナキャリアの特徴

パソナキャリアで転職した人の67.1%が年収UP

80%が未公開求人

パソナキャリアにしかない求人が多い

オリコン満足度1位の転職エージェント

>>参考記事:オリコン顧客満足度ランキング

 

最大の特徴は丁寧で親切なサポート。

 

リクルートとパソナキャリが良い勝負ですが、わずかにパソナキャリアの担当者の方が親切で丁寧でした。
しんのすけ

 

転職エージェントに「人柄の良さ」を求める人におすすめの転職エージェントです。

>>無料登録&無料相談はこちら

 

⑤:未経験ナビ

 

20代の高卒や専門卒、フリーターに特化した転職エージェントです。

 

未経験NAVIの特徴

高卒や専門卒、フリーターに強い

未経験の転職が強い

 

学歴やコンプレックスがある人におすすめですが、リクルートやパソナキャリアでも学歴関係なく、未経験でもOKな求人が多いので、そっちをおすすめします。

>>無料登録&無料相談はこちら

 

⑥:GEEK JOB

 

未経験からプログラマーになりたい人におすすめの転職エージェントです。

 

GEEK JOBの特徴

転職成功率97.8%

未経験OKの求人が500社以上

無料でプログラミング学習ができる

 

高い転職成功率、無料で受けられるプログラミング学習カリキュラムが強すぎます。

 

これ、無料でプログラミングスクールに通いながら転職サポートをしてくれるってことなんですよね。未経験からIT企業に入りたい人にとって最高すぎます。
しんのすけ

 

ちなみに、僕が個人的に転職をおすすめする業界はIT業界です。理由は下記の記事で解説してます。

>>【2021年最新版】転職におすすめの業界と転職エージェントを徹底解説

 

IT業界が気になる、未経験からプログラマーになりたい、スキルをつけて将来を安定させたい人におすすめです。

>>無料登録&無料相談はこちら

 

転職サイトと転職エージェントの違い

 

わかりやすく両者の違いを解説します。

 

転職サイトとは

 

一言で言えば「掲示板」です。

 

掲示板には求人情報が書かれてて、自由に応募して良いよって感じですね。

 

転職サイトの最大のメリットは「自分で自由に応募できる」点です。

 

こんな人には転職サイトがおすすめ

  • 自分で転職活動を完結したい人
  • 転職エージェントに流されたくない人
  • マイペースに転職活動したい人

 

自由度が高い分、自分の負担が大きいです。

 

初めての転職には向いてませんね。

 

転職エージェント

 

転職エージェントの特徴は「個別にアドバイザーがついてくれる」ことです。

 

アドバイザーがしてくれる仕事

  • 未公開・おすすめ求人の紹介
  • 企業への応募
  • 書類作成・添削

 

簡単に言うと「面倒ごとを引き受けてくれる」って感じです。

 

ちなみに3回の転職は全部転職エージェントを使用しました。面談に日程調整や応募がめんどくさかったので。
しんのすけ

 

初めての転職や、楽をしたい人は転職エージェントをおすすめします。

 

なぜ転職サイトより転職エージェントをおすすめするのか?

 

上記でも書きましたが、楽ができます。

 

具体的に何が楽だったか解説します。

 

①:求人を厳選してくれる

 

当たり前ですが、転職するには求人に応募しないといけません。

 

転職サイトだと自力で求人を厳選しないといけませんが、転職エージェントはアドバイザーが厳選してくれます。

 

一度転職サイトで転職しようとしたんですが、求人を厳選するのがめんどくさすぎてやめました。厳選したとして一件一件応募するのはもっとめんどいです。
しんのすけ

 

特に社会人の方で転職活動するのはめんどくさすぎます。

 

②:書類の添削

 

履歴書や職務履歴書を作るのですらめんどくさいのに、どう修正すれば良いのか調べるのはもっとめんどくさいですし、正解がわかりません。

 

転職エージェントを利用すると、最初から正解がわかるので楽できます。

 

アドバイザーから履歴書と職務履歴書のテンプレが送られてくるのでネットで探してダウンロードする手間が省けます。

 

僕は極端なめんどくさがりなので、少しでも楽をしたいんですよね(笑)
しんのすけ

 

しかし、書類のクオリティはまじで大切。

 

なぜなら、どんなにやる気や能力があっても書類選考で落ちたら自己アピールすらできないからです。

 

 

自分で作成するくらいなら、転職エージェントに丸投げした方が楽ですし、転職成功率も上がります。

 

それに、時間の節約になるので「転職のための自己投資時間」が増えます。

 

転職活動と同時にしたこと

  • ITの勉強
  • 面談練習
  • 資格取得の勉強

 

時間は有限なので転職エージェントを利用しない手はありません。

 

③:面談の日程調整

 

書類選考を通過すると面談に移ります。

 

問題は、面談の日程調整です。

 

たまに面談日時がかぶるんですよね。転職サイトだと面談の日程調整も自分でしないといけないのでめんどくさいです。
しんのすけ

 

仕事をしながらの転職活動だと日程調整すらも面倒になります。

 

最初から転職エージェントを使用した方が楽です。

 

最後に、転職エージェントについてわかりやすくまとめてた動画があったので参考にどうぞ。

 

 

結論:転職エージェントはメリットだらけ

僕がおすすめする転職エージェントは6つ

 

 

何回目でも転職って緊張するんですよね。

 

特に初めての転職は転職ノウハウがわからないので不安な気持ちがわかります。

 

ですが、そんなことで人生の好機を逃して欲しくありません。

 

転職は人生を変える力があります。

 

なぜなら人間は環境に支配される生き物だからです。

 

転職して環境を変えて、充実した人生を送りましょう。

 

-転職, 転職エージェント

© 2021 しんのすけの転職ブログ